経営者ブログ

Blog

Category
Aauthor

セレブリティ代表/高山 和子

元大手結婚情報サービス会社トップアドバイザーの長年のキャリアを経て、2001年1月有限会社セレブリティ 設立。20年に及ぶ豊富な現場の経験から、瞬時に人を洞察する類まれなる観察眼と、研ぎ澄まされた勘の鋭さから、人と人との相性を見分ける能力は、まさにこの仕事が天性のものと考えられる。

ご来社予約

03-5795-2393

営業時間/10:00〜20:00(年中無休)

電話をかける

受付時間/10:00〜20:00(年中無休)

【メールでお問い合わせ】

女性が限りなく求める「男らしい頼りがい」

何がなくとも「頼りがいのある男性気質」っていうのは、結婚相手として女性にとって目がつぶれない点で、

日常でも内心がどうであれ 人は表面に現れた行動で評価する以外に道はなく「本当は男らしいんです」って言われても、言動がそれを表していなければ男らしさは女には伝わらない。

優しさだって、連絡は欠かさず まめに相手の喜ぶことを考え その努力はおしまず 約束は守り 相手の話はよく聞いてやり、
そういうボランティア(笑)のような行動が 常に心地よいストレスとなって面倒くさい–等とは決して思わない それを人は「男の優しさ」と呼ぶ。 (男もつらいよね~笑(;´ρ`))

そして、優しさの介在しないところに男らしさ、頼りがいはなく、一言で男らしさと言っても その男らしさを発揮するには、自分が相手にどう思われているか「自意識」がなくてはならない事を知っておくべきなのです。

恋愛であれ、結婚であれ それには相手があることなので、自分が相手にどう思われているか、鏡を見るように反射的に知らなければいけない。

自己中心では話にならない。

「自意識過剰」にこれでよしという事はなく、いくらマメであっても、それがなければ効果はなく、むしろマメであることが鬱陶しがられることにもなる(; ̄д ̄)。

相手の気持ちが「置いてけぼり」だからである(´_`。)

好きな女性に出会っても、不本位な結果で終わる男性は 大概、このケースに当てはまる。

付き合っても、好きな女性の心を捉えることが出来ないのは ひとえに独りよがりの側面がある。

相手の自分に対する好感度の推移を見ながら、相手の会話の「行間を読んで」くみ取っていかなければ 結果は不首尾に終わる。

まあ、最初っからそんな気の利いた”男らしさ”を備えている人は 殆どいないので それは失敗を重ねながらも経験を積んでいくしかない。

女性に感じさせる男らしさとは 練れた(こなれた)学習経験の裏づけに依るところが大きい☆☆

Category
Aauthor

セレブリティ代表/高山 和子

元大手結婚情報サービス会社トップアドバイザーの長年のキャリアを経て、2001年1月有限会社セレブリティ 設立。20年に及ぶ豊富な現場の経験から、瞬時に人を洞察する類まれなる観察眼と、研ぎ澄まされた勘の鋭さから、人と人との相性を見分ける能力は、まさにこの仕事が天性のものと考えられる。

ご来社予約

03-5795-2393

営業時間/10:00〜20:00(年中無休)

電話をかける

受付時間/10:00〜20:00(年中無休)

【メールでお問い合わせ】