経営者ブログ

Blog

Category
Aauthor

セレブリティ代表/高山 和子

元大手結婚情報サービス会社トップアドバイザーの長年のキャリアを経て、2001年1月有限会社セレブリティ 設立。20年に及ぶ豊富な現場の経験から、瞬時に人を洞察する類まれなる観察眼と、研ぎ澄まされた勘の鋭さから、人と人との相性を見分ける能力は、まさにこの仕事が天性のものと考えられる。

ご来社予約

03-5795-2393

営業時間/10:00〜20:00(年中無休)

電話をかける

受付時間/10:00〜20:00(年中無休)

【メールでお問い合わせ】

話して感じさせる知性・・

‥それは男女とも風貌、いわゆる外見にある程度、滲み出ているものですが、やはりその「人となりの輪郭」が見えてくるのは、会話を交わして見てからの事です。

 

ボキャブラリィ(語彙の豊富さ)や、その語り口調、他者の話の聞き方などに、その人の内面に在る(ある)知性、感性が自然とこぼれ出てくるものです。

 

世の中には、よく「人を観る目がない」と、自分の異性運の無さを嘆く人がいますが、自分が惹かれるのは、結局は自分の嗜好・選択に依るものなので、相手の中に自身のトータルな感覚・価値判断が投影されている事実を知らなければいけません。

 

常にダメな男を選んでしまう女性は、自分の中にそういう”ダメさ”が存在する訳で、相手を変えても、いつも同じ結末に至る訳です。

 

弊社で結婚が決まったカップルを振り返ってみると、皆さん、それなりに”見合った”相手を最終的にパートナーに選んでいます。

「えっ?こんな人がこんな人を選んだんダ!」ってな、驚きに遭遇する事は、ほぼ、ないですね。

 

選択肢が一杯あるお見合いの出会いの中で、最終的に一人を選び(選ばれるのは)出会うべくして出会ったカップル—そんな感じを今更のように強く持ちます。

 

その人にしかない、「内なる輝く個性」があり、尚かつ、感受性が鈍感でなければ、それなりの運命の相手を必ず、捕まえて行きます。

 

お見合いという出会いだからこそ、イザ出陣!という、その機会を無駄にしないためにも、普段から「人としての魅力」を蓄え、比較される中で、唯一無二な存在として、相手を魅了する自分の「付加価値」を磨いてほしいものです。

 

Category
Aauthor

セレブリティ代表/高山 和子

元大手結婚情報サービス会社トップアドバイザーの長年のキャリアを経て、2001年1月有限会社セレブリティ 設立。20年に及ぶ豊富な現場の経験から、瞬時に人を洞察する類まれなる観察眼と、研ぎ澄まされた勘の鋭さから、人と人との相性を見分ける能力は、まさにこの仕事が天性のものと考えられる。

ご来社予約

03-5795-2393

営業時間/10:00〜20:00(年中無休)

電話をかける

受付時間/10:00〜20:00(年中無休)

【メールでお問い合わせ】