経営者ブログ

Blog

Category
Aauthor

セレブリティ代表/高山 和子

元大手結婚情報サービス会社トップアドバイザーの長年のキャリアを経て、2001年1月有限会社セレブリティ 設立。20年に及ぶ豊富な現場の経験から、瞬時に人を洞察する類まれなる観察眼と、研ぎ澄まされた勘の鋭さから、人と人との相性を見分ける能力は、まさにこの仕事が天性のものと考えられる。

ご来社予約

03-5795-2393

営業時間/10:00〜20:00(年中無休)

電話をかける

受付時間/10:00〜20:00(年中無休)

【メールでお問い合わせ】

「もう一度会いたい・・」が、重なって結婚となる。

初対面で会う人との「緊張」を”話せない”事の言いわけにする人が、たまにいますが、そう言う人は数多くお見合いしても同じです。

 

普段の会話でも回りくどい話し方をしたりして 頭の中の自分の考えを相手に伝えることができないと云うのは、自己表現の乏しさと、知性の欠如を感じさせます。

・・それだけで相手に与える初対面の印象は影が薄くなります。

 

会話というのは二人が作って行くという前提で 話し手の話をよく聞いて 次の話と繋がるように 相手の話を拾って行くのでないと会話が円滑に進みません

 

上手く自分をアピールしょうと考えないで、(逆に初対面で妙に話し方が流暢すぎるも、余計なうさん臭さを感じさせる場合があるので)

口下手でも 素直に、率直に向き合って 共感できるところを見つけて(自分が気に入れば)まずは友達になって、又会ってもらう事が大切です。

 

会ってもらえば 次のチャンスが生まれるのです。又、相手の話を聞く時、自分の話すこと考えてしまうと、つい無表情になってしまうので、そのあたりは 穏やかな笑顔で、話し手の話の内容に集中して耳を傾けましょう。

 

熱意 誠意 信頼性と、ポジティブオーラを残しつつ、初回は話足りないくらいでお別れするのが、スマートです。

 

まずは相手に「又、会いたい、もっと相手を知りたい」と、思ってもらわなければ、「一期一会」のチャンスを活かせませんので。

 

 

 

 

Category
Aauthor

セレブリティ代表/高山 和子

元大手結婚情報サービス会社トップアドバイザーの長年のキャリアを経て、2001年1月有限会社セレブリティ 設立。20年に及ぶ豊富な現場の経験から、瞬時に人を洞察する類まれなる観察眼と、研ぎ澄まされた勘の鋭さから、人と人との相性を見分ける能力は、まさにこの仕事が天性のものと考えられる。

ご来社予約

03-5795-2393

営業時間/10:00〜20:00(年中無休)

電話をかける

受付時間/10:00〜20:00(年中無休)

【メールでお問い合わせ】