経営者ブログ

Blog

Category
Aauthor

セレブリティ代表/高山 和子

元大手結婚情報サービス会社トップアドバイザーの長年のキャリアを経て、2001年1月有限会社セレブリティ 設立。20年に及ぶ豊富な現場の経験から、瞬時に人を洞察する類まれなる観察眼と、研ぎ澄まされた勘の鋭さから、人と人との相性を見分ける能力は、まさにこの仕事が天性のものと考えられる。

ご来社予約

03-5795-2393

営業時間/10:00〜20:00(年中無休)

電話をかける

受付時間/10:00〜20:00(年中無休)

【メールでお問い合わせ】

他者の眼差しを通して自分を眺める。

お見合いで結婚するには ある程度の客観的 自分の立ち位置がわかることも大事なことで 理想を求めるあまり「自身の幻想化」の中に埋もれてしまうと、結婚が遠ざかります。

 

結婚相談所というのは多様な人達が登録しているので それだけ選択肢があり、チャンスにも恵まれるのですが

多くの選択肢があることによって、相手次第で自分自身をも知る機会にもなり、自分の理想と現実をすり合わせる事を考えさせられるケースもあります。

 

お見合いという出会いの経験を積むことによって、自身を、ちょっと「他者の眼差して自分を眺められる」ようになると、自分の殻から抜け出て一皮むけてきます。 練れて、こなれて その人の持つ雰囲気をも変化させ、”大人感”を滲み出させます。

 

自分の欠点や長所は他者に会う事によってしか 事実のところを、知ることができないので、人と会ったりする”社交の場”は本当に必須です。そういう場をプライベートな面で持っていないと「人間関係能力」が磨かれて行かないのです。

 

仕事での人間関係の熟練と男女の交際術は又、別なんだと・・つくづく思います。

 

実際 仕事は出来るのに、男女のお付き合いになると、「なんでこうなんだろう?・・」と言う男性も まま、いるのです。

独りよがりが、そのままお付き合いの過程で、言動に出て来たりして 女性の気持ちをしらけさせるという結果になり、折角の出会いをダメにしてしまう事になります。

 

ある程度の年齢に達しても、結婚に至らないのは それなりの理由(わけ)があるのですね。

 

男女とも、自分を一歩ひいて見るという事はとっても大切な事です。

 

 

 

 

 

 

Category
Aauthor

セレブリティ代表/高山 和子

元大手結婚情報サービス会社トップアドバイザーの長年のキャリアを経て、2001年1月有限会社セレブリティ 設立。20年に及ぶ豊富な現場の経験から、瞬時に人を洞察する類まれなる観察眼と、研ぎ澄まされた勘の鋭さから、人と人との相性を見分ける能力は、まさにこの仕事が天性のものと考えられる。

ご来社予約

03-5795-2393

営業時間/10:00〜20:00(年中無休)

電話をかける

受付時間/10:00〜20:00(年中無休)

【メールでお問い合わせ】