経営者ブログ

Blog

Category
Aauthor

セレブリティ代表/高山 和子

元大手結婚情報サービス会社トップアドバイザーの長年のキャリアを経て、2001年1月有限会社セレブリティ 設立。20年に及ぶ豊富な現場の経験から、瞬時に人を洞察する類まれなる観察眼と、研ぎ澄まされた勘の鋭さから、人と人との相性を見分ける能力は、まさにこの仕事が天性のものと考えられる。

ご来社予約

03-57795-2393

営業時間/10:00〜20:00(年中無休)

電話をかける

受付時間/10:00〜20:00(年中無休)

目の前にいない時も「存在」を感じていることを知らせる・・

連絡をとりあうことを

ただ「情報伝達」だけの手段と考えている男性は、女性というものを理解していないことになります。

用”がない時はメールも送らないし 電話も何もしないのでは、お付き合いしている実感がわかないし、女は物足りなく感じます

お互いが好意をもって お付き合いが始まっている以上、短いメールでも、「今日はこういう事があった」・「何々にこういう事を感じた・・」とか、日々のさまざまなできごとなどをちょっとしたメールなどで知らせてくれると、女はとても嬉しいものです
 

物理的に離れていても、「つながっていよう・・」としている男性の誠実な向き合い方を 女はその行動に感じ取ります

「次回いつ会うとか・・」の時だけ連絡してくるのでは まるで”業務連絡”のようで 女性にとって気持ちの距離が縮まりません
 

例えば 出張にでかけた時や、旅先で 綺麗な景色を見たり、美味しいものを食べたりした事など、小さなエピソードを話してくれたりすると、ふわーっと何だか気持ちが暖かくなるものなんです
 

要は、コミュニュケーション能力とは、目の前に相手がいない時も、その「センス」が問われるもので、

”まんべんなく” 相手を「気にかけている」ということを伝えることが大切なんです。

日常の細やかな気持ちの交流をはかることが、めんどいくさいと思った時点で、相手に本気度が伝わりません。

会っている時だけ一生懸命だったり、その場だけ優しいのでは 女性に信頼感を与えません~~。

とにかく、何か通じ合えるものを感じた人との交際を発展させるには 決して”手抜き”をしないで

時間とエネルギーを注いで行くのが いいオトコの 男たる所以(ゆえん)だと思います。

又、そういうことを当たり前のように 自然にできる男性は 成婚していきますね~~
 

Category
Aauthor

セレブリティ代表/高山 和子

元大手結婚情報サービス会社トップアドバイザーの長年のキャリアを経て、2001年1月有限会社セレブリティ 設立。20年に及ぶ豊富な現場の経験から、瞬時に人を洞察する類まれなる観察眼と、研ぎ澄まされた勘の鋭さから、人と人との相性を見分ける能力は、まさにこの仕事が天性のものと考えられる。

ご来社予約

03-57795-2393

営業時間/10:00〜20:00(年中無休)

電話をかける

受付時間/10:00〜20:00(年中無休)