経営者ブログ

Blog

Category
Aauthor

セレブリティ代表/高山 和子

元大手結婚情報サービス会社トップアドバイザーの長年のキャリアを経て、2001年1月有限会社セレブリティ 設立。20年に及ぶ豊富な現場の経験から、瞬時に人を洞察する類まれなる観察眼と、研ぎ澄まされた勘の鋭さから、人と人との相性を見分ける能力は、まさにこの仕事が天性のものと考えられる。

ご来社予約

03-57795-2393

営業時間/10:00〜20:00(年中無休)

電話をかける

受付時間/10:00〜20:00(年中無休)

お見合い結婚の最適年齢

お見合いというのは、

まだ、お会いしていない時点で プロフィールからお会いしたいか、どうかを判断しますから

女性の場合は 27歳~35歳位までが選択しが多く、結婚につながりやすいい年齢だと言えます。

概して男性は 結婚相手に年下を求め、(勿論年齢だけではないですが)

若さというのは、お見合いの場においては 女性側にとって 外側の強い”武器”になる事は否めません

”適齢期”というのは 肉体的にも 精神的にも 否定しがたい意味があって、35歳を過ぎてあまり自己が確立しすぎると相手に対する許容・相手からの需要が狭くなるというのも、厳しい現実としてあります(´_`。)。

男性もそうで、個人差は別として、やはり45歳位までが、お見合いから結婚に向かえるエネルギーが充満している時期だと言えます。

この仕事のプロとして長く携わっていて、 さまざまな成婚カップルの経緯を見続けていると、少なくともお見合いという場においては 「年は幾つでもOKとは行かない 」シビアな現実もあるのは事実です;_;

色んな ご縁・巡り合わせがあって、個人差もあり、今まで、30代の後半の女性も多く結婚させてはいるのですが、そこに至る経緯は 年がいけば行くほど、おしなべて担当者の苦労も人一倍 多いです(笑)

結婚というのは 「鎖のような縁」の巡り会わせに絡んで、運命を決めていくようなものですから

その鎖に交わりやすい年齢というのも、お見合いという場では 考えていく必要がありますね。

若ければすべて良し・・という単純なものでもありませんが 女性にとって「若さ」というのはバカに出来ない 強力な”売り”になるのは間違いありません。

お見合いの現場から・・

セレブリティ責任者

Category
Aauthor

セレブリティ代表/高山 和子

元大手結婚情報サービス会社トップアドバイザーの長年のキャリアを経て、2001年1月有限会社セレブリティ 設立。20年に及ぶ豊富な現場の経験から、瞬時に人を洞察する類まれなる観察眼と、研ぎ澄まされた勘の鋭さから、人と人との相性を見分ける能力は、まさにこの仕事が天性のものと考えられる。

ご来社予約

03-57795-2393

営業時間/10:00〜20:00(年中無休)

電話をかける

受付時間/10:00〜20:00(年中無休)