経営者ブログ

Blog

Category
Aauthor

セレブリティ代表/高山 和子

元大手結婚情報サービス会社トップアドバイザーの長年のキャリアを経て、2001年1月有限会社セレブリティ 設立。20年に及ぶ豊富な現場の経験から、瞬時に人を洞察する類まれなる観察眼と、研ぎ澄まされた勘の鋭さから、人と人との相性を見分ける能力は、まさにこの仕事が天性のものと考えられる。

ご来社予約

03-5795-2393

営業時間/10:00〜20:00(年中無休)

電話をかける

受付時間/10:00〜20:00(年中無休)

【メールでお問い合わせ】

ライフスタイルを見直す

東日本大震災の余波・・尚、進行形・・

放射能漏れ、原子炉棄等々・・ニュースの報道を見る度

不安感も手伝って 何かと心そぞろで落ち着く間もない日々が続きます。

数多(あまた)ある 不確定要素の中で

現時点で 確定的なのは、電力不足という現実で、私達の今後の日常もそれに連動して

変化を余儀なくされるのは間違いないでしょう。

考えて見れば、今まで東京という街も電力を湯水のように使ってきたので、この悲惨な出来事をターニングポイントとして、煌煌とした都市の明かりを制限して行くのも悪くないと思います。

人間の生活には、良くも悪くも絶えず変化がつきものです。

今回の津波の大きさに”想定外”という言葉を報道で良く耳にしますが、この言葉にもすごーく違和感を覚えます。

想定外とは、

人間の想像力を超えるという意味でしょうが・・たかだか人間の想像力なんてそんなものです(  ̄っ ̄)

自然の圧倒的な力の前には・有無を言わさない残酷さには、ただ、ただ頭を下げてうなだれるしかありません。

それがこの地で生きている人間の”分”ですから

天地がひっくり替えるような甚大な災害でなくても、個人の予想(想定)を超えた事は、日常茶飯で起こっています。

いつだって、心の準備のない びっくり!当惑する事件(アクシデント)に取り囲まれて暮らしている訳です。

生きて行く途上で避け得ない出来事があるなら それに寸法を合わせて、バランスをとって歩いていくしかありません。

大きな”くくり”の運命と云う土台にのっかかって生きている以上、その変化に合わせて

生きて行くーーー

時の流れの中で、いつも同じ価値観で、同じライフスタイルを

維持しようとするのには、どうしたって無理があります。

傲慢でさえあります。。。私も反省しきりですしょぼん

Category
Aauthor

セレブリティ代表/高山 和子

元大手結婚情報サービス会社トップアドバイザーの長年のキャリアを経て、2001年1月有限会社セレブリティ 設立。20年に及ぶ豊富な現場の経験から、瞬時に人を洞察する類まれなる観察眼と、研ぎ澄まされた勘の鋭さから、人と人との相性を見分ける能力は、まさにこの仕事が天性のものと考えられる。

ご来社予約

03-5795-2393

営業時間/10:00〜20:00(年中無休)

電話をかける

受付時間/10:00〜20:00(年中無休)

【メールでお問い合わせ】