経営者ブログ

Blog

Category
Aauthor

セレブリティ代表/高山 和子

元大手結婚情報サービス会社トップアドバイザーの長年のキャリアを経て、2001年1月有限会社セレブリティ 設立。20年に及ぶ豊富な現場の経験から、瞬時に人を洞察する類まれなる観察眼と、研ぎ澄まされた勘の鋭さから、人と人との相性を見分ける能力は、まさにこの仕事が天性のものと考えられる。

ご来社予約

03-57795-2393

営業時間/10:00〜20:00(年中無休)

電話をかける

受付時間/10:00〜20:00(年中無休)

茶髪

セレブリティでは

ドキっとするような明るい茶髪の女性に、面接でお目にかかる事は少ないのですが、それでも

たまには、「2トーン位、髪の色を落とした方が良いよ」・・と、アドバイスが必要な

女子にお会いする機会がある。

今時(いまどき)だから、逆に 真っ黒な髪も怖い感じで、又、洋服のコーディネイトも難しいと思うので

茶髪、そのものは悪くないのだけど、問題は色でー

髪にあまり、極端に色を入れすぎると、キューティクルがなくなり

髪の質が落ちて、 艶のないパサパサの髪になり、まさにそれは素敵でも何でもなく

やたら生活に疲れたーだらしない感じを与えてしまう事を知ってほしい(⌒¬⌒*)

TVや、雑誌に出てくる、女性の明るい髪の色を、そのまま真似て自分のスタイルに持ってきたら、けばい”イケイケ”か、”お水系”の女性の雰囲気になってしまい、

男性にとって結婚相手としての印象はまずは、NG・・なのだ。しょぼん
いわゆるタレント、芸能人の髪の色は、一定の設定の中で見るものなので、日常の生活で、肉眼で見るのは少しイタイよ(@ ̄ρ ̄@)zzzz

大体、日本人の顔立ちにトウモロコシ色(赤い髪も)の髪は違和感があり

”アンナチュラル”な感じで、少なくとも、上品な感じは与えない。

髪の色ひとつとっても

おしゃれはすべて調和が大事で、トータルでバランスがとれているのが、センスの良し悪しを分けるイロハ

ついでに男の茶髪

これは印象としての社会的信頼度は低い。

洗練を目指すなら、まずは色オンチにならないよう心がけよう!ニコニコ




頭のてっぺんからつま先まで、おしゃれはすべてハーモニー音譜

Category
Aauthor

セレブリティ代表/高山 和子

元大手結婚情報サービス会社トップアドバイザーの長年のキャリアを経て、2001年1月有限会社セレブリティ 設立。20年に及ぶ豊富な現場の経験から、瞬時に人を洞察する類まれなる観察眼と、研ぎ澄まされた勘の鋭さから、人と人との相性を見分ける能力は、まさにこの仕事が天性のものと考えられる。

ご来社予約

03-57795-2393

営業時間/10:00〜20:00(年中無休)

電話をかける

受付時間/10:00〜20:00(年中無休)