経営者ブログ

セレブリティ代表
高山 和子

代表メッセージは
こちら

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ご来社予約
お問合せ電話番号
あなたが結婚を決めた(決める)理由

2012.05.20 Sun

”ピンとこない”

お見合いの初対面での報告で、良く

「ピンとこない」・・という表現をする方がいますが(女性に多い)

つまりは、嫌なのかというと、それほど、明確ではない・・すごく好感を持ったかと言うと勿論、そうではない・・

これは客観的に一言で言ってしまうと、初対面で、「通じ合えるものを感じられなかった」・・という事なのでしょう。。

人は、深いところは、ある程度の時間を共有して見ないとわからないのは、それはそうなのですが、

初対面で、1時間位 話してみて、何かしら直感的に 心に感じるものが何もなければそれは多分 そういう相手とは、1年お付き合いしても判りあえない ”相性”であるかも知れない・・という判断も成り立ちます。

出会って1時間で全く 微々とも、感性が動かなければ、それはお互いに”異邦人”という見方も出来るのは確かです。

が、・・・・一方で、飛びつくほどでは(笑)ないにしても 「何か良いかも?~」と、少しでも琴線にふれるものがあれば、今後、時間をかければ、それは理解を深められる関係性に、なり得る可能性を秘めていることも事実です。

その”可能性”に賭けていく場合は

現時点で、とらえどころのない人と、わかりあえる関係になるための第一歩として何より自ら 心を開いて行く事です~相手を信じる姿勢からしか、何も生まれてきませんので(o^-’)b

相手の事が信じられない人は、信じるという行為すべて出来ません┐( ̄ヘ ̄)┌

「相手の事が良くわからない」と言う人は 、その原因を作っているのは、自分自身に他ならならないという事も知らねばいけません。




自分の心を閉ざして、ガードを固くしているのは、そもそも相手を信じていない自分がそこにいるという事です。

信じられていない印象を相手に与えると、相手は構えるしかないですから・・

”相手がわからない”という、現時点でピントが合わない対象と、今後、ピント(照準)を合わせて行く余地があるかないか・・恋は半完成品から始まる 


今は ピンとこなくて、相手の印象がぼやけているけれど

時間をかけた場合わかりあえる存在になり得るか、どうか?——

ピンとこない人をバッサリ切るか、あるいは、時間をかけてピントを合わせて行く価値があるか、どうか、

その判断が「男女の縁」の分かれ目となります。

この記事は誰かの役に立ちそうでしょうか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンから共有をお願いいたします。