経営者ブログ

セレブリティ代表
高山 和子

代表メッセージは
こちら

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ご来社予約
お問合せ電話番号
あなたが結婚を決めた(決める)理由

2012.07.11 Wed

自分の流儀・・

男性も 独身の一人暮らしが長くなると 自分なりのライフスタイルが固まってきて、”自分流”の生活のルールが、ひとつ、ふたつと 増えて行く事があります、、

長い一人暮らしの中で 自分の”流儀”が 徐々に生まれるわけです。 最近、マメな男性も多くなり 時間のある時は自炊もし、家で食べるのは玄米食だけとか、週末はジムに「必ず」通うとか あるいは 早朝ランニングを ず-とやっているとか、ストイックな人の場合の自分の生活習慣のルーティーンがあったりします。

まあ、自分なりの流儀があるのは、ただ、ずぼらで、何もない人より良い・・と思う面もあるかもしれませんが、以外に そういう性(たち)の男性の方が 付き合う女性ができて、いざ結婚となると めんどうくさい(笑)側面があります—–シラー
女性が自分のこだわりの”ツボ”にピタリと、はまれば良いですが、みんながみんな、そうも行かない・・ 自分のためだけに使ってきたプライベートな生活の時間の配分を改め、色んなこだわりを  少しづつ”壊して”、共同生活者として、二人のルールを譲り合わなければ 結婚生活は出来ないわけです。

動物と暮らしたいとか(これはやや女性に多い)、室内インテリアに趣向をこらしているとか、独身生活が長くなればなるほど、そのあたりのこだわりが 固まって 独身生活の中で自分なりの快適さを追求している男性がいるものです・・ だから、ますます結婚が遠のいて行く・

自分の人生設計の中で 何時か、結婚の2文字の可能性があるのなら、 少し、スペースを余らせておくという風にした方が良いかもしれない—みょう-に、入り込む余地のない きちんとした?シングルライフを送っている人より、多少大雑把な男性の方が、女性側にしたら 二人の新生活をスタートさせやすいとも言えますね~。

欠落があるから、それを埋めたいと思うのは 自然な情けです。

独りの生活で 充足感を得られたら(そんなはずはないけど-笑)マイペースな気ままな生活を捨ててまで 結婚に決断が至らないという事も、ままあります。 これは都会の30代後半からの独身男性に言える事です、、

思い当たる人もいるとおもうよ~(*゚.゚)ゞ 頭のどこか隅で、この辺りの意識を持っていないと、「生涯未婚男性」のパーセントを増やしていく一人に気がついたらなってしまっているのです・°・(ノД`)・°・ 気をつけて・・・・

この記事は誰かの役に立ちそうでしょうか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンから共有をお願いいたします。