経営者ブログ

セレブリティ代表
高山 和子

代表メッセージは
こちら

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ご来社予約
お問合せ電話番号
あなたが結婚を決めた(決める)理由

2013.03.16 Sat

結婚相手としての男女の相性

素直で、優しく、自分の後ろをただ、黙ってついてきてくれるような女性

色んな事を黙って応援してくれて、安らげそうな人・・

逆に、自分の意見をものおじせず

はっきりと口にして 生き方に主体性があり、時にわがままで 中々男性の意のままにはならない女性—

すべての男性が 結婚相手に前者のような女性を求めているかと、言うと

必ずしもそうではく、ちょっと自分勝手だけど、能動的に

”自分を打ち出してくる” 女性に 魅力を感じる男性も 勿論いる訳です。

パートナーに安らぎを求める人、と 

人生の伴侶として刺激を与えてくれる女性が好みだという事もまま、あります。

だから、受動的な女性が 主体的な女性を好む男性と たまたま、お付き合いになった場合

お互いの 感性が”共感”しあえるところまで行かず、何かしっくりこなくて 結婚にはいたらないというケースになりますしょぼん
逆に  付き合っている内に、男性の求める”従順”なイメージとは 違うタイプである事が判明した”自我を持つ女性”も、本来の自分を出し切れず、ストレスがたまって ”保守的な”男性についていけなくなる事もあるでしょうハートブレイク
人それぞれなパートナー像があると思います。 あなたが結婚を決める(決めた理由)

最初は 相手の外見の印象とかに惹かれてお付き合いが始まっても

時間を重ねるにつれ、双方の考え方や 本質的な性格が見えてくるに比例して、より、感情が深まるケースと、気持ちが離れていくパターンがあると思います。

それはやはり、異性としてのエロスを離れた側面・

気が合うとか、生活の価値観が合うとか 俗にいう「相性」が合うとかが、パートナー選びを決断する時

の大きな要(かなめ)に 意識せずしても、なってくるものなのです、、

結局は 人はある程度、お付き合いして見ないと、自分と相手の相性が良いのか、わからない・・という事になりますので、判断するに足る・だけの時間の共有も必須でしょう—

男女の間の「一目ぼれ」を否定する気は更々ないのですが、”一目”だけでは わからないのが

人間です~まして結婚相手となると、さまざまなファクターが無視できなくなるので

デートのさなかに 双方、矯(た)めつ眇(すが)めつ ※(物事をあるものを、色々な方向からよく見るという意味)相性の判断です。

でも、色々考えすぎちゃうと、又、結婚なんか 恐ろしくて?(笑)出来ないのも事実です(´□`。)

この記事は誰かの役に立ちそうでしょうか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンから共有をお願いいたします。