経営者ブログ

セレブリティ代表
高山 和子

代表メッセージは
こちら

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ご来社予約
お問合せ電話番号
あなたが結婚を決めた(決める)理由

2015.11.08 Sun

結婚を目指すなら、もう”楽な服”ばかり着るのはやめようね

よく

弊社会員( 特に女性)に、お洋服や お化粧をアドバイスする事が多いのですが(特にお見合い前には)

黙って見ていると、 ウエストが絞られていない 洋服を着ている方って、結構いるのですね、、ワンピースでも、ウエストはあるけど、何だかユルユルで(ゴムが入っているような?感じ・・)

あるいは 上下別でも オーバーブラウスにしたり・・と、 体形がはっきりする着こなしを避けているみたいで(笑)

上下別の 組み合わせのコーデネィトを考えなければいけない洋服よりは、ワンピースは取りあえずは 面倒がなく 無難なんですが 、その際はメリハリのあるサイズのフィット感のあるお洋服を選んでほしいですね。

特に 30歳を過ぎると 、気持ちを引き締めてくれる洋服、体形を甘やかしてくれないような洋服選びをして行かないとないと、ずるずると、選択肢が 楽な方へ楽な方へと  一点の方向へと向かいある日、気がつくと 体つきが恐ろしい結果になります(笑)

ついには、”現況の体”に合う服しか着なくなるので、おしゃれ度のレベルは後退するばかりです
 

タイトスカートや、今年流行の 長めのAラインのスカートでも、しっかりウエストをしめなければいけないような 洋服を着る習慣を普段から身につけましょう、、プライベートもジャージではなくジーンズを履けるという事で。

ラクな服は 結婚して 子供を産んでからなら 許されます(笑)。

それまでは” オンナを張って”自分に自信がつく 、「自己肯定感の上るお洋服」できちんとヒールを履いて、少なくとも お見合いや、デートは気合を入れて行ってほしいですね。

つまりは、 おしゃれは ”付け焼き刃”は効かないので 普段から失敗を重ねながらも  着こなし上手を目指さなければ 女子力の進化を果たせません~たかが洋服、されど・・です。

素敵!ということは華美や 派手とは違うのですが、むしろ  シンプルでベーシックなお洋服を 、華やかに、 着こなせる技(わざ)こそが、おしゃれの成道であることを知ってほしいです。

洋服の シンプルさと、小物 (イヤリング、ブローチ ・ネックレス ・ ブレスレット・ スカーフ・ハンドバック・靴等々 ・・)とのマッチングで、如何に シンプルを際立たせるか・・が  洗練度のアップに繋がります。

もはや、センスを問われないオバチャンが(笑) 小物柄や、(大阪は豹柄?)  わけのわからない 安物ピカピカ、キラキラが多い洋服を着ているのは  何故に?・・という 疑問もわきません( 笑)

身にまとう洋服は 感性だけでなく  その人の生活 環境や  知性  教養度も現わしているからです。

そこに生活の品位「クラス」がでてしまうのです~英語で あの人は「クラスがある」という表現もあるくらいですから。

お金持ちイコール”クラス”を備えているわけでもありませんし高い洋服イコール 素敵というわけでもないのは当たり前で。

 

以前に弊社会員で とても お洋服の着こなし方の上手な素敵な女性がいましたが—私のアドバイス等、全く必要がない人で,

それで 「どういう所で洋服を買うの?・・」と聞いたら、「自分の生活レベルより  ちょとだけ高めのお店の夏、冬の バーゲン時期だけ狙って 買います」・・

「だから、数はあまり持っていませんが、持ち合わせの洋服との組み合わせを考えて着回しが効くような洋服を選んで買うようにしています」・・と。・・・・納得でしたね(^-^*)/

安物ばかり数多く持つより、 少し上質なお洋服を たまに背伸びして買って 、手入れを怠らず 長~く  着まわす・・

そして着こなして行く—(それには、時の流れに負けない体形を保つ努力も必要で) 流行は巡り めぐりますので。

 

ちなみにその女性も結婚して行きましたが、きっとやりくり上手で、買い物上手な 、おしゃれな  いい奥さんになっていることと、推察に難くないです。。

 

 

 

この記事は誰かの役に立ちそうでしょうか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンから共有をお願いいたします。