経営者ブログ

セレブリティ代表
高山 和子

代表メッセージは
こちら

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ご来社予約
お問合せ電話番号
あなたが結婚を決めた(決める)理由

2014.09.22 Mon

独身で親と同居している男性は女性に敬遠されがち・・

何時か 結婚が決まったら、

どうせ実家を出て行くので 「それまでは、実家暮らしでいいか・」・と  若い時はそう考えて   何となく親と暮らしている男性が、それが結婚が中々決まらないとそのまま、30代を半ば過ぎても ”なしくずし”に親と同居し続けている結果になります、、

それは女性にとっては、少々頂けません
 

女性がお見合い相手を選ぶ際、結婚相手の男性の人間性を、判断する時のひとつ重要ファクターとして、(現在)親と別居か、否かというのがあります。

親と同居している男性からすれば、実家住まいから結婚をした時に、一気に独立生活へと進むのが、まあ、合理的で便利と考えることもあるのでしょうが、結婚が決まらなくても、ある年齢に達した一人前の男性としては 一旦は 実家から独立して自立生活を、した方が良いと思います。

”大人”になったら、特に男性は、結婚前に 独り暮らしをしないと、何処か、ダメになっちゃうんですね。。。。。(´д`lll)

「良い相手がいたら 結婚しよう、しよう・・」と思いながら 40代に突入しちゃって、そのまま、問題意識もなく、親と同居の生活を継続している男性は 女性からみれば、「何だか・・ネ」・・と 頼りなく、我が身を預ける気にならないのです。

問題の核心はマザコンか、どうかではなく 、親といつまでも同居している男性の中には 性格的に何かしら未発達な問題点がある人が多いようにに見受けられます;_;

思い起こせば セレブリティで 過去に結婚していった男性はやはり100パーセント一人暮らしの男性でした、、、

まずは、一人の人間として 経済的に、精神的に自立していないという事は  家庭を持って責任のある、立場になる生活に「不向き」ということになるん^^です。

欧米では結婚していなくても、”一人前”の年齢になったら 殆ど 親と別居します~成人した男性が親と同居していると奇異な目で見られます、、日本はそこまで、極端な目線は注がないですが、それでも 本当は女性の心の中では その視点を持っています

生活面で 母親というのは息子が大きくなっても、同居している限り、何かと 子供の頃のまま、こまごまと息子の「面倒」をみるものです。

息子側からすると、やはり親と、特に母親と暮らしている” 便利”さ、快適さには馴染んでいて~その便利さから抜け出せないで いる内に、「大人の男に”塾していく” 有形 無形の機会」を失っていくのに気づかないのです。(´д`lll)

パラサイトと、とまでは言いませんが、経済的にも親と同居している方が 何かと楽でしょうから、その楽な生活自体が 実は本人をダメにしているという事実を知らなければいけません、、

「経済的に、日常生活的に、少々不便でも独りで暮らそう・・・」—あるいは 「家族と一緒の生活は煙たくて、一度 独りで暮らしたい・・」と、感じる、その感受性が重要で  まことに健全であります

親の側も 成人した息子と長く暮らしていると 知らないうちに 逆に親自身が依存型に変貌します~ ”婚期”を逸した息子と(無意識であっても)、もたれあって いると、老いて行く親自身が自立心を失っていく事にもつながります、、

老いるという事は誰かにすがりたくなる側面があるわけですので、それを同居の息子に 求めると 息子の人生を不幸にしてしまいます~ひるがえって 何時までも結婚できない息子がいたら 又、それは親にとって何よりの不幸に違いありません

本当に良い母親というのは、無理やりにでも独身の 息子を家から追い出すべきで、それが本当の愛情だと思います(^-^) 過度にもたれあう関係性は どんな場合にも良い結果を生みませんから・・

女性が 親と同居の男性に一歩ひいてしまうのは、特別分析している訳ではないですが、女性特有の勘で、そのあたりを嗅ぎ付けるわけです(笑)

40代でも未婚の男性が多くいる昨今  結婚を真剣に考えているなら、30代から 男性は一人暮らしを是非してください(^-^*)/

~それが実は結婚に至る早道なんです、、「急がば回れ」です。

 

何時の時代も、女性は結婚相手の男性が( 年齢に関係なく)中身が ”お子ちゃま”は嫌なんです(笑) 

生きる上での諸々を自分で管理できない男性は 結婚の縁を逃して行きます、、このことを胸に畳んで 、何時か、結婚しようと思っている男性は 行動を起こしてほしいと思います(*^_^*)

 

 

 

この記事は誰かの役に立ちそうでしょうか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンから共有をお願いいたします。