経営者ブログ

セレブリティ代表
高山 和子

代表メッセージは
こちら

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ご来社予約
お問合せ電話番号
あなたが結婚を決めた(決める)理由

2015.07.29 Wed

恋愛もいい事ばかりじゃない・・色んな感情の交錯がある・・

お付き合いしている時、必ずしも 、いつも 、いつもハッピィといわけではないですよね、、

ちょっとした言葉の行き違いで誤解したり、 「なんて身勝手なんだろう・・」と、思ったり、「どうして自分の事をわかってもらえないのか・・」と、時にいらいらしたり・・
そんなさまざまな感情の積み重なりの結果として、より信頼が深まる事もあります、、逆に それで修復できずに壊れて行くこともあるかと思います。男女の仲は 気持ちが「確信」となるまでは デリケートでゆらゆら 揺れているのが普通です。

相手の色んな面が見えてくる途上で「果たして?この人と上手く行くのか?」と、不安になったりもします。気持ちの疎通をはかって、相手の”在り様”を 受容していくのは、自身も大人になっていく事を 要求されます。 

相手の気になる点(欠点?)ばかり挙げつらうのは 自分の幼さを露呈している場合もあります。 惹かれる面があるのなら、それに免じて足りない?(引っかかる)面を相殺できるか、どうかが、自身の気持ちの温度の秤になるのです。

時間を 経るにつれて わかってきた 相手の人柄の 諸々が 決定的に その人の魅力を消してしまうのであれば  もう、それ以上 お付き合いする意味はないですよね。

ただ、赤の他人のふたりが ”違って”当たり前なのですから、よく言う いわゆる”価値観の相違”がどの程度なのかを 考えて、「違う」事が 補い合え、 尚 か つ 逆にプラスに転じることもあるので、ただ、一時的な思い込みで? 一刀両断に切り捨てる事もないと思います。

みんな 「こうあって欲しいとか、」相手に求めるものはあるのですが、そんなに 全部が 全部、ぴったり自分の思い描いたようには行きませんので、柔軟に 総合的に相手の魅力を 捉(とら)えていく事が大切です。

お見合いで好きな方に 出会った女性が 「どうしたらお付き合いがうまく 行くか、教えてください」と、聞いてきた女性がいます。

恋愛が結婚へと成就するのに 当然”マニュアル”等はなく   みんな性格も、育った環境も違う 個別のケースですので、誰にもあてはまる 普遍的な”ノウ・ハウ”はあるはずもありません。

自分で 悩み、考えながら  その時、その時に相手の求めるものを察しながら、 試行錯誤しながらも、 育んで行く努力を失わない 「ひたむきさ」しか、正攻法はありません。

真摯に向き合ってこそ、 向き合う価値がある相手か、どうかがわかるというものです。だから恋愛(お付き合い)は勉強になるのです~人間考察のための。

男女のお付き合いは 結果がどうであれ、その人を考えさせます、、考えるから 成長するのですね、、恋愛を通して いいことも、悪いことも経験してこそ、 異性と付き合うという事はどういう事か、少しずつわかるようになります。

感性が磨かれる場は 男女の お付き合いが一番です 

結婚したら、 そこから 又 違う人生が始まり  二人の関係性は  お付き合いをしている時とは 又、異なる色彩も帯びて来るのですから、  ある意味  お付き合いは 本編への前奏曲に過ぎないわけです。

本編の結婚生活が 幸せになるのか、ならないかは お付き合いをしている時の二人の向き合い方の 信頼関係が 土台になっている事はいうまでもありません。

この記事は誰かの役に立ちそうでしょうか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンから共有をお願いいたします。