経営者ブログ

セレブリティ代表
高山 和子

代表メッセージは
こちら

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ご来社予約
お問合せ電話番号
あなたが結婚を決めた(決める)理由

2017.08.01 Tue

女性のもつ”可愛らしさ”

いくら美人でも、

どんなに賢くても 可愛らしさ—どこか”健気(けなげ)さ”とでもいいますか、そういうものを男性に全く感じさせない人は、結局は男性からは愛されない・・・気がします
 

男は結婚相手に ”正論”ばかり言って来る「立派な女性」を求めているわけではなく、男性固有の何かしらの”保護欲”を駆り立ててくれる、女性ならではの「愛嬌のある暖かさ」に究極は、惹かれて行くものだと思います。

男性が その対象の女性に ふと、感じる「可愛らしさ」の中身を一言で分析するのは 中々難しいのですが、言えるのは”向っ気”ばかり強い女性は、結局、男を疲れさせ、気持ちが離れて行くものです
 

男性は「私は・」「私は・」が多い女性は 友人にはよくても、生涯のパートナーにはしたくないものです。

本当に芯が強い女性は、自己主張よりも、自分の”我”を抑えることができます。

振り返って、弊社セレブリティで結婚して行った女性の殆どは、一見、仕事のできる有能なしっかり者でも、内面に、そういう女性らしい”愛らしい気質”を秘めた人が多かったように思います。

無計算な愛嬌があり、心根が優しいひたむきな女性は つまりは男心を捉えて行きます利に聡(さと)い女性は 一時期よくてもプロポーズはされないのです。

媚びるのでもなく、幼稚さでもなく、男性に感じさせる「愛らしさ」とは何か? いくらお付き合いしても、自分が結婚したいと願う男性側から、結局、結婚を申し込まれない人は、ちょっと自分を省みて、考えて見ても良いのでは。

男性が女性に”惚れる”というのは 決して完璧だから・・ではないんです~(-。-;。

 

感性のある男性なら (もし、彼女の「本質」がそういう女性であるなら)共有する時間の中で、

「中身の可愛いらしさ」を 折々に、感知、”発見”していくものなんです。(*^_^*)

 

 

この記事は誰かの役に立ちそうでしょうか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンから共有をお願いいたします。