経営者ブログ

セレブリティ代表
高山 和子

代表メッセージは
こちら

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ご来社予約
お問合せ電話番号
あなたが結婚を決めた(決める)理由

2018.11.12 Mon

優しさを「さりげなく」感じさせる男て、イイネ(o^^o)

女性はよく、「優しい男性がいい」と言いますが、その優しさだって色々あると思うのです———-

 

そもそも優しさの出自は 相手を喜ばせたい、相手を心地よくさせたい、相手によく思われたい、という動機づけがあると思うのですが、

 

本当に相手を思って、気遣う優しさは一見「さりげない」衣をまとっている方が より、それに気づいた時、女性のハートをつかむものです。

 

これ見よがしじゃない、ふっと見せる気遣いが さりげなければ、さりげないほど、その男のセンス、度量をを感じさせるものです。

 

だから、男のどういう態度、行動に、女性が優しさを感じ取るかは、ひるがえって、その女性自身の感受性をも、映し出していることになります。

 

自身が 日常を「ガサツ」に生きていると 人のホントの優しさにも鈍感になるものです。

 

”テクニック”としてのやさしさや、口先だけのもの見せてくる男に せめて、違和感を感じるくらいの「大人度」が女性側にもあって欲しいと思います。

 

結局 そういう女性はいい男の審美眼があって、いい男を選び、選ばれ 幸せになって行くものです(o^^o)

 

逆に、ハッピーな結果に繋がらない男性とばかり縁がある女性は、そこは やはり自分自身で省みるべきことがあるかと思います~(>_<)☆

 

俗に、人を観る眼がないというか、人間を見分ける判断力に疎い(うとい)というのは、「幸せをつかむ決定的な力」がないという事になりますから、これは 単に 男性運がないと、いう事で片づけられません。

 

いくら、出会いの機会に恵まれても、

人を観る目を養うこと以外に、幸せをつかむ「道しるべ」はないということになるのです

この記事は誰かの役に立ちそうでしょうか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンから共有をお願いいたします。