経営者ブログ

セレブリティ代表
高山 和子

代表メッセージは
こちら

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ご来社予約
お問合せ電話番号
あなたが結婚を決めた(決める)理由

2014.07.15 Tue

価値をおいているものが、 ひとつは 共感できた方が良いのかな・・

人は 、日常の人生の楽しみ方がそれぞれ違います。

美味しいものを食べる事や、お酒を楽しんだりする事が好きな人や 音楽や 映画・舞台鑑賞などを好む人もいます。

ファッションに関心が高い男性もいるかと思うと、それほど 興味のない女性も中にはいます。 旅行や

スポーツ・ に高い関心があったりと、趣味と言うよりは、仕事以外の日々の人生の楽しみが 人によって全く違うのですが、結婚相手としてはは 、興味の対象や 関心事が ひとつ位は共有できている 方が より、上手くいくような気がします。

好みの考え方がすべて 同じである必要は 勿論なく、 趣味が違えば 全く違う世界に 引っ張っていってくれることがあるので、それはそれで良いと思いますが、

例えば 外に出かけるのが好きな女性が  家に居るのが好きな男性が相手だと、ちょっと歯車が合いませんね~ つらいです。(´д`lll)

日常の暮らしの楽しみ方が 基本 同じ方向を向いている方が 波長が合いやすく、結婚してから  年数を経ても 友達のような関係性を築けるのだと思います~そういう男女は、エロスがなくなっても、良い相棒でいられると思います。

俗に”価値観の違い”とかで、別れるカップルがいますが ”価値観”って、要は  生活の中で(生きる上で )大切に考えている事の優先順位なのだと思います。

これはあまりに違い過ぎると確かに 互いが居心地よくない、、生活して見て 食のこだわりを持つ人と  食はお腹が一杯になれば、特に何でもいいと言う人とでは 、ちょっと 感性が違い過ぎて、一事が万事で、しっくりこないかも・・です。

住まいも  生活の 空間の インテリアに凝る人と 「そんな事はどうでエエ・・」と、考える人では、同じく感性の隔たりがある確率が高いです

要は 生活全般の中で” 価値”を 何においているかで、そこに費やすお金・時間・が違ってくることなので、時間とお金を投入する対象は、ある程度、双方の共感を得られている方が より快適に暮らせるかと思います。

 

相手を結婚相手として どうなのか?・・を判断する時、「共感力」は 欠かせませんネ。

 



 

 

この記事は誰かの役に立ちそうでしょうか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンから共有をお願いいたします。