経営者ブログ

セレブリティ代表
高山 和子

代表メッセージは
こちら

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ご来社予約
お問合せ電話番号
あなたが結婚を決めた(決める)理由

2017.09.03 Sun

デートを重ねるのは お互いを知っていく”段階”

お見合い後

お互いが取りあえず、”好感”を持ったら デート(時間の共有)が始まるのですが、見合い後のデートと言うのはすでに恋愛をしているカップルのそれとは性質が違って、まずはお互いの人柄の”探り合い”です、、

この時点ではまだ、お互いが”好き”にはなっていないのです。初対面で 好ましく思い、興味を持った・・そんな程度です

まずは、「この人は どんな家庭環境で育ち、どんな考え方をして、その考えを基にどんな生き方(仕事を含めて)をしてきて、何を好んで 何に価値を於いて、プライベートはどんな時間の過ごし方をしているのか—–あるいは、どんな言葉を放ち、どのような精神性を持ち、何を愉しみ、何に心動かされ、どんな生活習慣があるのか?・・」等々・・

その人を「その人足らしめている」人間性の骨格を知り合って行く時間の始まりなのです。

語られる言葉や、その表情、メールの来方や、約束の仕方、着ている洋服や、さまざまなところに、その「人となり」が密かに(ひそかに)しかし、”確実”に表明されているのですから、重ねる時間の中で、それらを判断していくのは他でもない、向き合うあなた自身です。

ある程度、お付き合いが深まってから「こんなはずじゃなかった。。。」・・なぁ~んて言うのは、単にあなた自身に、判断力・洞察力がなかったに過ぎません。

人は 言動やその嗜好 選択、態度、対応に その個人のキャラクターが発信されています。その発信を正しく受け止められるアンテナを、あなたが持っていなければ、理解不足や、誤解、思い込みに空回りしてしまい、いい方向に関係性を育むことができません。

同時に、返す刀で このことは、あなたも相手に観察されていることを意味します。

「ふう~ん こんな時にこんなことを言うんだあ~・・」とか、相手も 二人の過ごす時間の中で色々、考えるわけです(-。-;

ちょっとした相手の行為に 時には思いやりや、さりげない優しさなんかを感じたり、逆にその反対だったりもして—– そうやって相手を評価しているのです~心の中で。

結婚相手として 相手をより”深く理解”(全部ではありませんよ~全部理解するなんてないですから)するには、それには一定量の時間を要します。

その過程は、言ってみれば、「人物査定」のようなものです。

知って、相手の魅力に触れ、惹かれていくこともあれば 知って失望したり(されたり)することもあります。

よくわかり合って 知れば知るほど、好きになる—好かれていく・・そういう魅力を備えた人間でありたいものです(^-^)

 

 

 

この記事は誰かの役に立ちそうでしょうか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンから共有をお願いいたします。