経営者ブログ

セレブリティ代表
高山 和子

代表メッセージは
こちら

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ご来社予約
お問合せ電話番号
あなたが結婚を決めた(決める)理由

2015.11.28 Sat

ちょっとした心遣いに、その人の品があらわれる。

お見合い後、

お互いに 好感を持ったら、次回、お食事などを一緒に・・と言う事になるのですが

その際、女性が 男性に ご馳走になるのが”当たり前”のような振る舞いは 良い印象を残しません

まだ、恋人同士とか、そんな関係でもないので、一応、「私も払います」・・というような 一言があるだけで  何か 感じ良いですよね・・・
それでも 「男性が いや、いいですよ・・と言えば、「では、お言葉に甘えてご馳走になります」・・それで良いのですが、

何か、ご馳走されるのが 当然のような 態度は  男性は 内心ちょっと気持ちが”引く”かも知れません~女性が「私も払います」と、言ったら  そのまま、男性が平然とワリカンにするのもそれはそれで 男性として・・・・・ではありますが。

要は、まだ、良く知り合ってもいない相手に対しては、金銭的な場面では 適切な距離感は 示しておくのがマナーです。

又、本当に親密な関係になってから、いつも、男性にご馳走になる場合でも、たまには、「今日は私が 奢ります」・・とか、「いつもご馳走になっているので 気持ちで・・ささやかなプレゼントです」とか、さりげない”お返し”の気配りが出来る人が センスの良い”おしゃれな”女性です

男性がしてくれる事を、常に ただ、当たり前のように受け取るだけでは、 その心遣いの無さに その人の性格の 一面を見た思いがして、男性はガックリくる場合がありますよ
 

お付き合いする中で、心ある男性なら 好きな女性と一緒に楽しい時間を過ごしたいという思いで 、色々頑張ってくれるのですが (又、そうであって欲しいですね、、)

その相手の気持ちに ただ、甘んじるだけではなく、相手の誠意 (時に 金銭的負担に)に  何らかの  形で 感謝を伝えましょう、、、

誰だって  相手のさりげない配慮を感じたら グッとくるものです(^-^)

基本、 男女は好きになれば 「相手を喜ばせたい」という 感情が芽生えるはずですから 、その心を 素直に相手に伝える 表現して行く事が大事で 、常に一方通行で 与えられるばかりでは気持ちの交流になりません。

 

会員の方を見ていると そういうデリケートな優しさを備え、場の空気を読める賢い女性は 男性に愛されて  結局は いいご縁に恵まれて結婚していきますね~~(*^_^*)。

 

この記事は誰かの役に立ちそうでしょうか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンから共有をお願いいたします。