経営者ブログ

セレブリティ代表
高山 和子

代表メッセージは
こちら

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ご来社予約
お問合せ電話番号
あなたが結婚を決めた(決める)理由

2014.10.25 Sat

おおらかさと繊細さはコインの表と裏。

女性が 男性に求める性格の優先順位の 一番は

何たって おおらかさですが、そのおおらかさは、大雑把とは 違います。

繊細さに裏打ちされた おおらかさでないと、それは単に”雑な人”という事になり、女性を心地よくさせる器を感じさせないのです。

微妙な 空気を読めたり、相手の気持ちを察する事ができないと おおらかさは発揮できないものです~「打てば響く」の俊敏性ではなく、”返し”が遅くても 受け止めてくれる方が女子は好きです。

一々、言葉に表さなくても「 何となくわかってくれているんなだな・・」~と思わせてくれる男性は、頼もしさを感じさせたりしますよ
 

逆に鈍感な男性ほど、女性の言動に妙に細かく、反応したりする場合があります~どうでもいいことを気にしたりして、その分、肝心要が抜けていたりして、女子をがっかりさせたりします
 

男女の間で何が大事で 何が 枝葉末節のどうでもいいことなのか・・判断がつかないので、トンチンカン(笑)?で相手の心をつかめないまま、気持ちがすれ違い お付き合いがフェードアウトして終わりを迎えてしまいます;_;

折角の出会いのチャンスを実らせられない男性の明確なひとつの要因ですね~

いくら ”条件”の良い男性でも、その辺りの感覚が少しは洗練されていないと、中々結婚にたどりつかないです。。。

例え、お見合いで出逢っても、 つまるところ、 男女はハートのハートの勝負ですから、何故か 交際の途中で いつもふられる男性は その辺りを心して学習する必要があります。

繊細に相手の気持ちを推しはかっているのに、そのそぶりもみせない、そこが男子たる魅力です

「さりげない・・」・・これって女性にとっては結構 ぐっとくるものがあります

さりげない優しさの源泉はデリカシーがあってこそで、自然に滲み出てくるものです。

繊細さを忘れず、いい意味の鷹揚(おおよう)さを 男性は是非!アピールしてもらいたですね(^-^*)/

もっとも

デリカシーのないのがダメなのは、 男女を問いませんが。。。

 

 

 

この記事は誰かの役に立ちそうでしょうか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンから共有をお願いいたします。