経営者ブログ

セレブリティ代表
高山 和子

代表メッセージは
こちら

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ご来社予約
お問合せ電話番号
あなたが結婚を決めた(決める)理由

2014.09.14 Sun

自分の「求める人」と「求められる人」とのギャップをどうする?

 

誰でも、想う人に想われるのが 理想ですが、出会いの巡りあわせが、常にそんな風にラーキーに展開するとは限りません
 

ただの恋愛の対象であれば、振り向いてくれなければ あきらめるしかないのですが、 結婚をしたい人にとって、結婚相手への理想を現実と、どう”折り合い”をつけるかが、結婚できる人、できない人となるかの別れ道となることがあります、、、

「自分の市場価値(婚活)の需要と自分の理想の願望が釣り合ってないと自覚していながらも、『高望み』が止められないと結婚なんて無理なんだろうな・・・」・・と、語る 女性の記事を先日読みました~。

30代に突入して 独身でいる女性が、理想ばかり追い続け、目の前の現実には否定的なことばかり言っていると 何処にも 行き着かないで 歳月と共に更に結婚が遠のいて行く・という事はあるでしょうね・・・。

結婚を 自分の人生の 幸福の最大公約数と考えるなら、 自分の相手に対するこだわりは 、コアな部分ではひとつだけにして、後は相性次第と考えるのも大切です、、、

外的条件が 理想通りの人と結婚したからといって、必ず幸福になるとは限らない・・そんな風にも考えて、  悩んだときは こだわりは ひとつだけにして  後は、一緒にいると居心地良く、過ごせる・・という事が、実は何より大事なんだと気づきましょう。

トータルで 自分の理想の基準を満たしている人がいても、その人がこちらを向いてくれないと何にもならないわけですから、そこは あくまでケース・バイ・ケースで、リアリストの視点に立つべきです。

すごい”メンクイ”の人は 顔がよければ 後、大概のことには目をつぶるとか(笑)、一点豪華主義で、経済力重視の女性は ビジュアルは 二の次 三の次に捨て置くとか・・(笑)

 

将来の不安をかかえながら、独りで悶々と 生きていくよりは 、 「タフな柔軟性」を持って おかれている現実を、賢く選択して 生き抜いていける女性になることも肝要ですね(^-^*)/。

この記事は誰かの役に立ちそうでしょうか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンから共有をお願いいたします。