経営者ブログ

セレブリティ代表
高山 和子

代表メッセージは
こちら

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ご来社予約
お問合せ電話番号
あなたが結婚を決めた(決める)理由

2014.01.30 Thu

出会ってからどれだけ密度の濃い時間を過ごせたか・・

男女の間で 出会ってから 結婚に至るまで,

お付き合いの期間の、その長さで、  その関係性の確かさを図れるわけではありません、、、

出会ってから随分長い時間がたったとしても、二人で重ねたわけでもなく、ただ”経過”しただけ・・のような月日が そこにあっただけなら、別に何の意味もありません。

“何となく”付き合っている内に時間が過ぎ去っていたような関係の男女は結局、結婚という花を咲かせません

お見合いの場合に、お付き合いが始まって結婚を約束するまでの交際期間は 大体3ヶ月位をメドに・・という決まりがあるのは お互いが密度の濃い付き合い方をしていれば

結婚を決めるのに それぐらいの期間で十分だという事なのです。

お見合いはゴールが明快な訳ですから、出会ってからは 好感を持てば そこからは 集中して 相手の 存在を考え 一緒に過ごす時間の中で、互いの理解を深める事にエネルギーを注いで、短期集中型で 結論に至るのが望ましいです。

長く 付き合って相手の事を良く知ってからでないと 、安心できない ・・そういう考え方をするタイプは、仮に時間をかけても、相手を理解・判断して 決断することが出来ないように思われます。

全部わかっってから 好きになるというのは、もはや、恋愛感情ではないのですね、、まあ、そんな妙なことを言う人も今どき、少ないとは思いますが(笑)

逆に、人間は複雑な生き物だから 長く付き合えば付き合うほど わからない部分が出てくる・・と云う事もあると思います、、

お見合いでの出会いであっても 密度の濃い二人の時間を共有してきたカップルは まるで ドラマのような? あるいはドラマより、”ドラマティック”な展開で、結婚して行きます~。

男女の間の縁というのは時間をかけてもダメなものはダメ—— 以外に 出会ってから 結婚に至る道程が短かったカップルほど、結婚後も、幸せそうなファミリー写真を良く送ってくれたりします。 

先日もお見合い後、お付き合いしていて、「毎週 2回ぐらいデートを重ねていた男性が もう気持ちが決まってプロポーズしたいのですが、早すぎるでしょうか?」・・と云う相談をされましたが

お付き合いしている中で、相手の手応え・感触も得た上で 自身の決意を固めたのでしょうから、 それで十分「機は熟した」と言えると思います。

密度の濃い時間の中からしか、二人の感情の高まりは芽生えないと言えます。

お見合いでの出会いの場合、プロポーズする時期が遅すぎてダメになったケースはありますが、早すぎて ダメになったといういのは  今までのところないです。。。

 

 

 

 

この記事は誰かの役に立ちそうでしょうか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンから共有をお願いいたします。