経営者ブログ

セレブリティ代表
高山 和子

代表メッセージは
こちら

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ご来社予約
お問合せ電話番号
あなたが結婚を決めた(決める)理由

2012.01.10 Tue

旅をして・・

年末に欧州旅行に行きました。

現地での友人、知人の話によるとヨーロッパでも、20代、30代の未婚率が高く、40代も追いかけて

増えているそうで、先進国の例にもれず離婚率も、無論高いそうです。

その中で、平和に結婚生活を営んでいる人には ある共通項があるようで、

両親の関係が、比較的円満な家庭に育った人の方が、家族を持つ意識が高く

サンプルを身近に見て育っているので、特に意識せずとも

幸福な家族像を描くのが、そんなに難しい事ではないようです。

複雑な、確執のある家庭に育つと、逆説的に、人一倍 暖かい家庭にあこがれはするのですが

現実、いざ、結婚となると中々、幼い頃のトラウマ等もあったりして、パートナー関係を良好に築くのが

中々、スムースには行かない点もあるようです。

プライベートな人間関係を構築できない

あるいは、相手を選ぶ際の基準が 人間形成にとって影響大な、幼い頃の環境が影を落とし

”適時の正しい”判断が出来にくい?

大人になっても結婚に至らない結果から推し量って見れば、そこに何がしの因果関係を否定出来ず・・・

愛された経験がないと、人の愛し方がわからなかったり自分に自信がなくて疑心暗鬼になったり

逆に、他者に対して多くを求めすぎて、寛容の心が持ちきれず、不満ばかり募らせたりと・・ etc・・

生きる不安に満ちたもの同士が 人恋しく孤独な心を満たそうとする、ごく自然な人の望み

人に好かれたいと思い、誰かと分かち合いと願う–連帯感・・・

今、良く巷で言われる絆(きずな)でもありますが、その感情は未来永劫・古今東西

何処でも、何時でも人間である限り、同じなんですねo(^-^)o、

世界的に先行き不透明な今日

年末のパリのレストランは、お互いの心を伝え、コミュケーションを通して結びつこうとする人々でにぎわっていました(^-^*)/

常に変わらない、人の暮らしの幸福の最大公約数は 家族の存在。

さまざまな家庭のディナーに招待されて、それぞれの家族風景の違いの中で

「幸福の色はひとつだけど、不幸の色は不幸の数だけ、各々色とりどり 」・・という言葉を

ふと思いだしました。。。

余談で、今回の旅行について一言

世界遺産の 海の中に浮かぶ島

「モン・サン・ミッシェル」(Mont St. Michael = 大天使ミカエルの丘)。

http://www.lemontsaintmichel.info/en

冬空の凛とした空気と、絵の具で書いたような済みきった青空を背景に

古城の修道院の建築の美しさに圧倒され、その荘厳さに 中世にフランスのカトリック修道院が、当時持ったであろう権力の甚大さを実感した次第ヽ((◎д◎ ))ゝ

折角だからと、きつい階段をヘタル(笑)体にムチ打って頂上まで登りきった時、迫る感動あり・・\(゜□゜)/

ちなみに名物のオムレツは、値段の割りに美味しくないむっ まあ、観光地特有のレピター客を期待していない仕上がりで、話のネタに一度だけ・これっきり。

ワンス イズ ラスト そんな感じです^^

この記事は誰かの役に立ちそうでしょうか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンから共有をお願いいたします。