経営者ブログ

セレブリティ代表
高山 和子

代表メッセージは
こちら

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ご来社予約
お問合せ電話番号
あなたが結婚を決めた(決める)理由

2014.03.20 Thu

大事な事は face to faceで。

お付き合いしている時、 その間  今の時代は 普通に相手とメールのやりとりを交わしますが、

微妙な感情を伝えたい時は メールはちょっと危険ですね、、 ニュアンスが伝わりにくく、誤解を招いたりすることがあります。

又、メールの性質上 一方的に何でも言えちゃうので 抑制が効かず、思っていたよりエスカレートしてしまう事もままあります

目の前の相手の顔色、表情を読み取りながらの行ったり来たりの会話ではないので、独りで どうしても 自分の思いが溢れてきて ”あらぬ”方向へと突き進み、意図しない文章を投げてしまう事もあります~

会わずに(会えずに?) その間、メール連絡は頻繁にしている内に 逆に相手の本心が読めなくなって  交際が良い方向へ行かない・・先日も会員の方からそういう相談がありました。

後で、「そういうつもりで言ったんじゃないよ」・・と言っても  相手はメールの文面から解釈しますので ”正確”な意志の疎通が、逆に阻まれる事にもなったりもしますね。

お付き合いしている 男女は やはり 顔を見て話すのが一番で、 メールは その補足の連絡ツールに留めておいた方が無難です。

手紙だと 色々な思い、考えをまとめて書くので(今は手紙も少ないでしょうが)、逆にその分 情感も加わったりして 手紙独特の良さがあるのですが、メールはもっと簡単に書けちゃうので、それがリスキーな側面となります。

相手の興味を引かないような事もダラダラと 書いてみたり、あるいは自分の思いこみで相手への印象を断定したりして、、(。>0<。)

お付き合いするという事は、共有の空間と 時間を重ねてこそ、互いの理解を深められ、親しさも増します。 何百というメールのやり取りがあっても、一度顔を見て話す 親密度にはかないません。

一緒に居るという事は「全身で相手を感じる事」ですから、集中力と 判断力と 感受性が 一番研ぎ澄まされるのが、 一緒に向き合っている時間なんです。

一杯言いたいことはあったけど、顔を見ると「もう良いかな・」・・と云う事、結構あるんです

メールは連絡を取り合うのに便利なツールですが、そのツールの性質を良く理解した上で、お付き合いする上で巧みに使いわけてほしいな・・と思います。

会えないときは 電話で生身の声を聞いたりするのも 良いと思います、、そのトーンで、相手の気分、感情を察したりもできます~でもその電話でさえ、あまり込み入った事を話すには最適ではないと思います。

視覚、聴覚で捉える  声や、話し方  表情  それ等が一体となって、一人の人物像が浮彫(うきぼり)となります。

一緒に語らいながら 食べたり、飲んだり、何処かに行ったりと、その時間を少しでも 多く持って行く事が、相手との距離を縮め、「お見合いで出会ってから結婚へ 」の近道の”交際術”であることを改めて ここで確認しておきたいと思いました。

 

この記事は誰かの役に立ちそうでしょうか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンから共有をお願いいたします。