経営者ブログ

セレブリティ代表
高山 和子

代表メッセージは
こちら

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ご来社予約
お問合せ電話番号
あなたが結婚を決めた(決める)理由

2012.06.26 Tue

恋愛の対象

女性によっては「あの人は 良い人だけれど、恋愛の対象としては考えられない」・・と言って

1、2度 デートを重ねてから 断って来ることがあるのですが

これは 少し、早く結論に急ぎすぎだと思われます—シラー
女性の場合は、男性と違って”いい人”から、恋愛の対象 すなわち結婚の対象に 変化・進展することが 結構 「アリ」 なのです、、

男性が デートのたび誠心誠意心をつくし 彼女に喜んでもらおうと思って出来るだけの事をやり、

自分としては苦手なこともチャレンジしたり、忙しいのに、時間をあけ、お金も使い、労力も惜しみなく

費やしたりして、真摯な情熱を傾けると 女性の気持ちは動きます、、、

”いい人”から 恋愛対象へと突破することがあるのですヽ(゜▽、゜)ノ。


女性の持っている性として、3段階を経て 相手の存在が自分の中で 変化し、まずは「お友達感覚」から「恋人」へ–やがて、「将来のパートナー」として相手の位置づけが変わって来ることが、時として起こります。

女性は男性を「生活の伴侶」としての物差しでも相手を見ますから、男性を「複眼的」に、観察・判断していけるものなのです~ 又、そういう風に見て行ける様な女性でなければいけません~。

男性の場合、初対面で ”女性”として魅力を感じ、恋愛の対象として相手を見ることが出来なければ

その気持ちは、その後変化する事は まず、殆どありません—

—-ので、第一印象で、恋愛の対象外になった

女性と結婚への階段を登って行くという事は まず、ないと言って良いでしょう。。

男性は 「自らの心が発火しないことには」 前へは進まないし(例え 草食系の男子でも例外ではありません) 女性は「相手の心を発火せないことには」 どうにも まず進展が有り得ません。




男と女の、元々持っている、受動性と能動性
の違いがわかっっていると、アプローチの仕方が変わり 必然的に交際の行方も変わってくると思いますので参考にしてみて下さい(o^-’)b

この記事は誰かの役に立ちそうでしょうか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンから共有をお願いいたします。