セレブリティの男と女の話
ご来社予約
お問合せ電話番号
あなたが結婚を決めた(決める)理由

面接時の相談・会話 ~35歳

終わった恋愛のケースですが、仕事が猛烈に忙しい時期があり、その間、あまりプライベートな時間が取れず、しばらく彼女と会わない日々が続いていたら、「他に好きな男性が出来た…」と、8ヶ月位付き合って来た彼女から、突然別れを告げられた…

仕事の状況を説明していたので、ちゃんと理解してくれていると思っていたので、予期せぬ、急な心変わりに驚きと共に、女心がわからない……という過去の苦い思い出でした~。

この経験を彼が今後の為にどの様に考え、
より女性を理解していく手立てにする・その為の進言・アドバイスは…

女性は男性の仕事の忙しさ等を、頭では理解していても、やはり、あまり会えない日々が続くと、寂しさと不安が重なって、その寂しさの空白を埋める為に、ふっと、よそ見する事があります。

「自分は大事にされていないのでは? 自分は真剣に想われていないのでは? 等々…」と、あらゆる悪い想像が頭を駆け巡り、…結果、そう云う精神状態の時に、誰かと出会えば、その胸の空白に第三者が。すっぽり入り込んでしまう事がまま、あるのです。

女性は、恋人として相手の心を占めていると云う日常の“実感”が欲しいので、どうしても、デートの時間を取れない時は、メールとか、電話で、自分の気持ち・誠意だけは示して、相手に安心感だけは伝えておく必要があります。

はっきり婚約をしていない状況では、好きと云う感情があれば、あっただけ、その裏側に不安の感情が芽生えてしまうものです。

その女性が、失いたくない大切な対象であり、真剣な気持ちがある場合には、女性の気持ちがブレないように、会えない時間をカバーする日々の”小さな努力”を怠らない事で、要は、生身の感情を持つ相手をなおざりにしない・ほったらかしにしない事ですー。

男と女は、実際、顔と顔をつき合わせる共有の時間が少なければ、気持ちが段々フェードアウトして行きます。顔を見れば何でも無い事でも、会っていないと、マイナスの想像が勝手に膨らんでしまうのです。
  • Out of sight, out of mind「 目にしなければ心も離れる 」で
  • 諺の「去る者は日々に疎し」の英訳にもなります。
  • 男と女は会う時間の積み重ねと平行して、新密度と情が増し、
  • 心を通い合わせて、信頼へと繋がります。
  • そう云う人間の感情の推移を念頭に、後で悔いる事がないよう、
  • 大切な女性には何よりも「時間」と云う、最も高価なものを
  • 可能な限り惜しみなくプレゼントして上げて下さい。
  • 男女間の川には、時に予想外の波が起きたりして、平坦な流れ
  • ばかりではなく、その時々の荒波を一緒に超えられるのは、
  • 時間の積み重ねによる信頼しかありません~。