セレブリティの男と女の話
ご来社予約
お問合せ電話番号
あなたが結婚を決めた(決める)理由

“草食系”男子って、何者? ~31歳

~ある女性の経験から~

38歳の男性とお見合いして、お互いに好感を持ちお付き合いになったのですが、5、6回お会いした段階で、誠実で感じ良く、食事の際等も気を使ってくれる優しい人であり、話も弾むのですが、以降会う回を重ねても、それ以上に積極的な感情を見せない…、示さない…

女性は会うごとに気持ちも深まり、恋人の関係に進みたいのですが、相手が結婚の一般論の話はしても、肝心要の二人の具体的な話にはならない…。 聞けば、「好意を持っていない人とはわざわざ時間を作って度々会おうとは思わない…」と、言う。

そこで女性が、この関係をどうこの先進めて良いのか、思いあぐねていると言う事で、こちらに相談して来たのですが、なるほど…これがいわゆる“草食系“と、俗に言われる淡白な性格の男性なのか…と思いました。

ある種のふんぎりがつかない――人柄が温厚で爽やかで、いい加減でもないが、人間関係を煮詰める事が不得手? 物事を「物事足らしめる」強烈な感情を持つ感受性が鈍磨している? あるいは考えすぎえて行動に移す事が出来ない?もしくは、決断する事によって生じ得る新たな展開がわずらわしい?…等々…

…色んな分析・推察が可能な訳ですが、問題は、“そんな相手”に遭遇して、“そんな相手”に惹かれて結婚までしたいと思っている女性が、どうすれば、相手をその気にさせる事が出来るか…と。

この相談に私が彼女にお話しました大体の内容は…

結論として、もうこのタイプは「待ち」はダメだと云う事ですね。いつか、行動を起こしてくれると期待して待っていても、結局は何も起こらないまま時間が流れて、女性の感情もその内フェードアウトして終わる…。

それを避ける為に、自分で決断出来ない草食男子を、結婚に至らざるを得ないような、客観的状況を女性側が作って行く「賭け」にでるしか無いのです。「賭け」ですから望まない結果になる場合の心の準備もしておいて…。

決断を避けている男性にストレートに決断を迫っても労力のムダであり、逆に相手の感情が引いてしまうので、決断という重いハンドルを相手に、にぎらせず女性がハンドル操作をする。

結果、男性が特に決断しないまま・流れに任せていたら目的地に着いてしまった…。このパターンが良いのです。目的地に着いてしまえば、それを翻すエネルギーも、草食系は億劫なのですから…。
“草食系”は、不誠実とは違うので、形を成すのはめんどうでも、いざ形になったら形は守ります。

結婚に際して、いつも女性側が受身でなければいけない筈もなく、ケースバイケースで、自分が結婚したい相手に巡り会った時は、それこそ、「内心」はなりふり構わず相手の性格に応じて、“戦略”は立てていかなければいけません。

男性の自分の対する好感情を確認した上で、好感情以上のものにするか・どうかは女性の賢さに尽きます。その“腕”にかかります。容姿の魅力や、心優しさだけが女性の魅力ではないのです。

今の世の中は、いつもリーダーシップがあって、物事をテキパキ決められて決断力に富む、そんな雄雄しい男性ばかりとは限りません。又、そんな雄雄しい男性だけが女性を幸せな結婚生活に導いてくれる…とは限りません。一見、頼りない草食男子も、意外に結婚生活に入った後、頼りがいのある思いやりのあるダンナさんになる事があるのです。

草食男子は、ゼロから事を成す「熱さ」に欠けているのです。一般に、「こうありたい…」と云う欲望も少ないのかもしれませんが、だから、全部だめ…と云うのでも無いのです。

事、男女間では将棋の駒を前に進めようとしない相手なら、女性が駒を進めても良いのです。草食男子も女性の術中にハマッテ、結婚出来たら幸せです。受身の女性ばかりだったら、草食男子は皆、生涯独身で終わってしまいます。又、現代は“強い”男子ばかり求めていたら、女性も半数が独身生活を避けられない…と言う可能性もあり得ます。
  • 男性が情熱的に自分を求めてくる(気持ちはわかりますが…)
  • 「定説」に常に寄りかかる事なく、
  • 目の前の男性のトータルな性格を理解・判断した上で
  • 臨機応変に考えながら、自分達だけの「個性的な」
  • 恋愛→結婚ストリィを成就させましょう。
ちなみに、この相談後・2ヶ月位して、お二人はそれぞれのご両親への結婚する意志を伝えたそうです。

私のアドバイスを受け止め、その後女性がどのような行動に出たのか?わかりません。あえて聞きもしませんでした~。
終わり良ければすべて良し。 メデタシ・メデタシ☆