セレブリティの男と女の話
ご来社予約
お問合せ電話番号
あなたが結婚を決めた(決める)理由

結婚を夢見て今日を過ごす ~33歳女性に

先日、ご面接にご来社頂いた33歳の女性がお見受けした所、健康体重をオーバーしてやや太り目の方でした。

そこで、今日は独身女性にとっての肥満の話をしてみようと思います。
現代は、TV・雑誌、新聞等でメタボと言う言葉を耳に、目に、しない日はありませんので、一般論としてのその意味する所はここでは省略です。

女性の場合、太りすぎると、未婚の女性であっても体型が“オバさん”的になってしまい、実年齢より老けて見える事が往々にあります。少なくとも結婚前は、少しでも“現役”の女性であり続けるよう、自分自身を客観的に観察する目が必要です。

20代の時は、ほおっておいても周りが自分を見てくれますが、30代に入ると、“自分で自分の観察を怠ると(見続けないと)”誰も観て(見て)くれなくなります。まずは自分に自分自身が関心を持ち続けないと、かって有ったはずの魅力は、段々、時間と共に損なわれていきます。

勿論、痩せすぎも、女性としての魅力に欠けるのですが、不健康に太りすぎると、何だか、投げやりな感じで、怠惰な印象を人に与えてしまう…ドタッと、“妙な”安定感があって(笑)“おんな”の雰囲気が希薄になってしまうのですね、結婚は、あくまで、【男と女としての始まりがあってこそ】結実するものです。

現在、特定の彼がいない方も、いつ、何時、思わぬ巡り会いがあるかも知れない、と云う緊張感を忘れず、例えば肌の手入れ等々…キープすべき外観に対するケアをめんどうがらずに【自分の努力次第で成果が出る事】は日々のルーティーンとしてこなしましょう。

その努力をたゆまずしている人と、そうでない人の差は30代以上になると歴然と表に出てくるのです。…隠せないのです———-その意識のある、無しが…。

未婚の女性が、自分の努力によって変わり得る肉体の美しさの維持に、無頓着・無神経になってしまっては、すでに生涯、独身宣言しているようなものです。

仕事や、日々の人間関係のストレスから、過飲食に陥る女性が多いのは都会の働く女性にはありがちな事で、時にはそれも一時的なストレス解消方として、“アリ“だとは思います…が、それをそのまま、ずっと悪習慣で続けてしまっては、ある日、体重計を見て愕然とします(笑)。体重計の重さと比例して男性との縁も遠のいて行くと…言っても、言い過ぎではないと思います。

  • 可能性を信じるポジティブなマインドを持つと、
  • 日常の行動も変わるのです。
  • 本能のままに…ではなく、自分を突き動かす欲望を抑えて、
  • 時には、食べたいものを我慢したり、
  • 怠惰になりがちな自分と闘って、
  • 自発的に体を動かす事を、毎日の生活の中に取り入れて行く、
  • そんな風に自制的な、「少しストイックな」毎日を過ごして見る…
  • 自己管理が継続されると、爽やかな新たな自分自身との出会いがあり、
  • そこから又、今までに無かった自信が芽生えてきます。
  • 精神面の達成感と、肉体的なスッキリ感はリンクしあっているのです。
これから結婚を考えている女性は何時でも“臨戦体制”として健康的で、すっきりした“カラダ”維持しましょう!

…と云う事で、今回、お目にかかった女性は、厳しいですが現況ではご入会頂いても、お見合いそのものに至るのが難しい…と判断し、まずは体重を落として、 女性として意識を高めてから・それから“婚活”を始めるよう、進言・アドバイスいたしました。