経営者ブログ

セレブリティ代表
高山 和子

代表メッセージは
こちら

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ご来社予約
お問合せ電話番号
あなたが結婚を決めた(決める)理由

2018.04.02 Mon

お見合い後「もう一度会いたい」と、思われる人になる。

初めてのお見合いの際

 

「何をどう話せばいいのか?」と、聞かれる時がまま、あるのですが、

 

初対面の男女の会話というのは”流暢”に話す必要はありません~流暢すぎると 何だかある種、うさん臭さを感じさせたりもします。

 

会話の中で、何かひとつでも共感しあえて 又 次回に繋がることが大切です。

 

又、最初から”ぶっちゃけで”、自身をさらけだし過ぎるのも頂けません。

 

話し足りないくらいで、余韻を残して最初は別れましょう—–初対面は ”腹6分目”で切り上げた方がいいのです

その方が 想像力も膨らみ、好感を持てば 相手をもっと知りたいという気持ちにもなります。

 

態度としては、言うまでもなく無愛想は感じが悪く、気難しさや、神経質な印象などを残すと、その先に繋がりません。(特に男性)

 

”緊張”を自分の言い訳にして モゾモゾしゃべったり、回りくどい話し方をする人も もっと、話を聞こうとする気を失せさせます。

 

服装に無頓着な人もダメです(ー ー;)

 

「中身」で勝負する前に 「外見」でも勝負する、そういう感性を持つ男性の方が”中身”もあるものです。(身体は普段から自己管理して 服装は目的に応じて整える計算が出来る人がいいですネ^^)

 

出会いのチャンスがないと嘆くのではなく、何より「第一印象の重要性」を認識して、訪れたチャンスを最大限、活かせる人になりましょう~。

 

たまたま出会ったその人と過ごす 「数時間」が あなたのその後の人生を変えた、

運命的な「或る一日」だった・・・と、振りかえる日が来ますから。

 

この記事は誰かの役に立ちそうでしょうか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンから共有をお願いいたします。